ウェディングエージェント グラマシー マネージャーブログ

2016年08月11日

結婚式のこだわりB

さて、ラストは友人たちへの披露パーティー

新郎新婦にとっては、朝は早くから支度・準備してから親族のみでの食事会、その後、結婚式を執り行ってからの、披露パーティーですから。
かなり疲れているかと思いきや・・・

a-32.png

テンションマックスのおふたりにとって、まったく問題なさそうですね

a-33.png

ここでのこだわりポイント

高砂席の後ろの垂れ下がるお花と葉っぱの装飾です

a-34.png

実はこの装飾をお願いした時に、「ちょっと難しいかも」と言われていたそうですが、お花屋さんやスタッフの方々がいろいろと試行錯誤してこの装飾を完成してくださったとか。
当日のこの装飾が出来上がっているのを見て、お二人ともとても感激したとのことです


うん、素敵


さてさて、もちろん披露パーティーでもウェディングケーキの入刀は行います。

ちなみに「ファーストバイト」
これには意味があるって知ってましたか?

新郎から新婦へは「これから一生ご飯をたべさせてあげるね」の誓い
新婦から新郎へは「これから一生あなたのためにおいしいご飯を作ってあげるね」の誓い

なんですよ

a-36.png

a-38.png

家族にご飯を食べさせるために一生懸命働きますっていう新郎の思い。

a-53.png

そんな一生懸命働いてくれる旦那さんに、栄養たっぷり愛情ご飯を作ってあげようとする新婦の思いが、このセレモニーに込められているのです


その後、それぞれ友人からのスピーチをお願いして。
やっぱり感極まったかな・・・

a-40.png

さて、その後はお色直し。

「グラナダ」を代表する演出の1つ。

ムービングプロジェクター


a-41.png

この演出はとても人気があり、ゲストのみなさまへのインパクトも絶大です!!

a-42.png

a-43.png

また、キャンドルサービスでななくキャンドルリレーを行いました。

新郎新婦より、各テーブルの代表の方にろうそくの火を灯して、それからリレー方式に横の方、横の方へとキャンドルの火を灯していきます。

a-50.png
a-44.png

このキャンドル、少し仕掛けがほどこされていて、合図とともにみんなで一斉にふたを閉じて消火するのですが・・・

a-46.png
a-47.png

ゲストひとりひとりに、新郎新婦からの手書きのメッセージが浮かび上がるのです


いろんなところに、お二人のこだわりが垣間見える披露パーティーだったようですね


最後は新郎と新郎友人によるサプライズ演出

「PERFECT HUMAN」

a-48.png

サプライズは大成功!!



1日がかりのパーティーでしたが、楽しすぎて時間が経つのがすごく早かったとおっしゃってました。

「やっぱり結婚式をしてよかったです。」

その言葉を聞いて、彼らへの私の任務は終了です。


本当に素敵な結婚式だったんだなぁと、お二人のお話を聞いて強く感じました。

この気持ちを忘れることなく、これからの人生をお二人で手を取り合って歩んでくださいね。

a-49.png







posted by GRAMERCY at 18:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

結婚式のこだわりA

さて、親族のみの食事会が終わりにかかるころ、お二人のご友人たちがぞくぞくと会場へ集まっておりました。

お二人の挙式に参加するためです

挙式は親族も友人たちも全員参加という形にするため、親族食事会と友人たちへの披露パーティーの間の時間に挙式をすることにしたのです。

これぞ、1日全館貸し切りの醍醐味

それでは、お二人の挙式スタートです
ちなみに、「グラナダ」のチャペルは徳島で唯一の人前式専門のチャペルなんですよ

a-12.png

新婦父と共に、チャペルに入場して、花嫁の最後の仕上げとして「ベールダウン」を新婦母よりしていただきます。

a-13.png

そして、バージンロードを渡り、新婦父より、新郎へと導かれる花嫁。
しっかりと新婦父と新郎が握手を交わします。
何を思い、何を誓ったことでしょう・・・

a-14.png
a-31.png

お二人よりゲストのみなさまに誓いの言葉をのべていただき、

a-27.png

指輪の交換という流れになるのですが、お二人が選んだリングガール?!は、ナント!!!
お二人のプランナーさんの愛犬

a-16.png
a-17.png

しっかりとお二人の元へ、結婚指輪を運んでくれたそうです。

指輪の交換をして、誓いのキス


さてさて、「グラナダ」と言えば、やはりこの「結婚証明プレート」
ゲストみなさまのお名前を刻印した、とっても素敵なプレートをお二人にとって大切な方から、手渡されるわけです。

a-19.png

お二人が代表に選んだ方は、とっても仲のいい新婦叔父。

a-20.png
a-21.png

お二人の手元に渡された大切な大切なプレートを祭壇に掲げます。

a-22.png

ゲスト全員からの温かい拍手と共に、フルートやハープの生演奏も加え、挙式は最高潮へと達します

a-23.png
a-24.png

ここで、本来であれば結婚披露宴の最後に行われる、「花嫁の手紙」を披露したそうです。
親族のみの食事会と友人たちへの披露パーティーを分けたからこそ、ここでの時間をあえて使ったそうです。

a-25.png

お父さん、ここでもやっぱり涙がこらえきれなかったようです

a-26.png


最後は、リボンシャワーで全員の集合写真!!!!

最高の結婚式だったに違いない、このみなさまの笑顔

a-30.png

ちなみに、このお写真は即座に人数分印刷をして、披露宴終了後、みなさまにお渡ししたようですよ

お二人にとって、とっても心に残る最高の結婚式になったと言われています。
その気持ち、すっごく伝わりました。


心からおめでとう。
そしてお幸せに。


















posted by GRAMERCY at 15:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式のこだわり@

初めてグラマシーに来館していただいたのは、去年の11月末でした。

「美男美女」という言葉がまさにピッタリのお二人だったので、私の中でも印象深いお二人でした。

また、さらに印象深くなった理由がお二人のご要望。

お二人は親族のみの食事会、友人たちとの披露パーティーを分けたいとのことでした。
ただし、結婚式は全員参加で。

つまり、午前中に親族のみの食事会、それから結婚式をして、友人のみでの披露パーティーをするということで、1日まるまる貸し切りにできるところを探したいということでした。


分けるとなると、手間も費用もかなりかかってきます。
それでもお二人が親族と友人たちを分けることにこだわった理由が、

「ゲスト一人一人が気を遣わなくてもいい空間を作りたい」

とのことでした


そしてお二人が決めた場所は「グラナダ」

今日は親族のみの食事会をご紹介します。

a-2.png

「グラナダ」では普段レストランとして営業しているスペースがあります。
そのレストランを親族のみでゆったりと食事会。

a-5.png

お互いの親族のみだから、全員が新郎新婦とゆっくり話ができる空間を作ったそうです。

親族一人一人に飲み物をついで回ったようですね

a-9.png

また、ウェディングケーキの入刀、ファーストバイトの演出を行い、

a-7.png

a-8.png

親族のみなさんといっしょに、おふたりの生い立ちムービーを鑑賞してようです

お二人の小さなころからを一番知っている親族の方々。
だからこそ、感動することも大きかったことでしょう。

お父様やお母様も涙が溢れてしまったようですね

a-3.png

a-4.png

身内ばっかりだし、心もほどけてしまったのかもしれませんね。

それは新婦も同じことだったのでしょう。

a-10.png

こうして親族のみでの食事会は、お二人にとっても、親族の方々にとっても、最高の思い出の時間となったようでした

a-6.png


次回はお二人の結婚式をご紹介したします



posted by GRAMERCY at 12:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。